みーくんの思考世界

自身の経験から転職活動の実態を綴るブログです。必要な情報を必要とするユーザに過不足なく提供できるコンテンツを目指しています。

【スポンサーリンク】

MENU

【転職活動】不採用続きで辛いときのリフレッシュ方法8選【経験談】

【スポンサーリンク】

【転職活動】不採用続きでつらいときのリフレッシュ方法7選【経験談】

 

「転職活動を始める前まではとんとん拍子で進むものかと思っていたけど、思いのほか選考が通らずに長期化しているな。このままだとノイローゼになりそうなので自分なりのリフレッシュ方法を確立しておきたい。」

 

今回はこのようなお悩みをお持ちのあなたに向けた記事です。
転職活動では「ご縁」という言葉もあるように、運良く早々に内定をいただける場合もあれば、自分の努力が報われずに長期化してしまう場合もあります。
本記事の内容を参考にするだけで

 

自分なりのリフレッシュ方法を確立し、転職活動におけるモチベーションを維持する

 

ことができますよ。
私も現在、「退職後9ヶ月が経過」しようとしている状況ですので、皆さんのお気持ちはよく分かります。
最高のパフォーマンスで転職活動を進めていきたい方にぜひご一読いただきたい記事です。

 

 

辛い転職活動で抱えるストレス

つらい転職活動で抱えるストレス

適切なリフレッシュ方法を試すためには

 

一連の転職活動で発生するストレスを洗い出す

 

必要があります。
転職活動は新卒の就活とは異なり、切磋琢磨できる仲間がおらず、基本的に孤独になってしまいがちです。
また、ペーパーテストのように正解がない中、失敗経験から仮説を立ててPDCAを回していく必要があるので、次第に精神がすり減ってしまいます。
転職活動で発生するストレスをケースごとに洗い出すと以下のようになります。

 

書類選考におけるストレス

企業による書類選考が行われている間に抱えるストレスです。
例えば、以下のような内容が想定されます。

 

✔️ストレス内訳

  • 書類選考の結果連絡が遅い
  • お見送り理由を教えてくれない
  • 連日のように不採用メールを貰い、意気消沈している

 

面接におけるストレス

書類選考を通過し、面接までたどり着いた場合に抱えるストレスです。
例えば、以下のような内容が想定されます。

 

✔️ストレス内訳

  • 想定問答通りの受け答えができるか分からない
  • 面接官からの掘り下げた質問にうまく答えらなかった
  • 面接自体が不採用フラグで挙げられている出来になってしまい結果を待っている間が辛い
  • 面接の結果連絡が遅い
  • 書類は通るのに面接で何度も落ちてしまい、自信を喪失した

 

家族や友人との関係におけるストレス

転職活動がうまくいかず、家族や友人との関係維持で抱えるストレスです。
例えば、以下のような内容が想定されます。

 

✔️ストレス内訳

  • 散々な結果になっており、家族や友人と顔も合わせられない
  • 相談しても、今の状況を理解してもらえない

 

自身の経歴に対するストレス

すでに退職済であり、無職期間が長引いている際に抱えるストレスです。
例えば、以下のような内容が想定されます。

 

✔️ストレス内訳

  • 毎月の収入がないことによる生活への不安
  • 空白期間が長引いてしまうことによる不安

 

転職活動で辛いときのリフレッシュ方法8選

転職活動でつらいときのリフレッシュ方法7選

これらのストレスへの対策を編み出す前準備として、私の過去の経験談から実際に効果のあったリフレッシュ方法を7つ紹介していきます。

 

✔️リフレッシュ方法8選

  1. 適応的思考を導き出す
  2. ウォーキングしながら景色を撮影する
  3. 一日何かをやりきるという目標を立てる
  4. 自分の志望職種に関係する創作活動に取り組む
  5. 自分の志望職種に関係する資格勉強をする
  6. 自分の志望職種に関係する仕事を業務委託で請け負う
  7. 転職エージェントに今後の進め方を相談する
  8. 新しい転職サイトに登録してみる

 

項番1〜3は転職活動からは一旦身を引いて他のことを考える言わば「守りの対策」で、項番4〜7は問題解決に間接的に貢献する「攻めの対策」です。
項目ごとに内容を説明していきます。

 

適応的思考を導き出す

適応的思考とは、認知行動療法の考え方で、置かれた状況に適した柔軟な思考のことを指します。
とはいえ、すぐに認知のゆがみを矯正することは難しいので、以下の順序で導く訓練が必要になります。

 

  1. ストレスを感じた根拠を事実ベースで書き出す
  2. その根拠と対になる反証を書き出す
  3. 根拠と反証をまとめて書き出す

 

ウォーキングしながら景色を撮影する

転職活動がうまく進まない場合は、マイナス面ばかりに思考が集中してしまいがちです。
そこで、一旦外に出て、ウォーキングしつつ季節を感じられる景色の撮影をすることで、快適な気分を味わうことができます。
※現在はコロナウイルス感染拡大を鑑み、人が密集する場所への外出は控えてください。

 

一日何かをやりきるという目標を立てる

不採用通知ばかり受け取っていると、何も結果を伴っていない自身の行動を責め、生産的なことをできていないと嘆いてしまいます。
そのため、どのような些細なことでも良いので、一日の目標を立て、カレンダーに記載するとメリハリのある生活を送ることができます。

 

自分の志望職種に関係する創作活動に取り組む

例えばエンジニアの方であれば、転職先へのアピールになるようなポートフォリオの作成が該当します。

何かクリエイティブな活動をすると立ち直りが早くなることが心理学的にも証明されており、これを「フラリッシュ感覚」と呼びます。
面接の場でのテクニックには限界がありますので、自身のアピールポイントを増やすような行動をとることが望ましいです。

 

自分の志望職種に関係する資格勉強をする

これは項番4と似ていますが、志望職種に求められる資格を目指して勉強するのも手です。
例えばエンジニア志望であれば、基本情報技術者試験・応用情報技術者試験合格に向けて勉強することが効果的でしょう。

個人でスキルを身に着けるのが負担であれば、スクールに通うのも手です。

本ブログでは株式会社インフラトップが運営する「DMM WEBCAMP」をおすすめしております。
おすすめポイントは以下の通りです。

 

  • 転職成功率は驚異の98%
  • 転職できなければ全額返金。つまり、講師が転職成功までしっかりとフォローしてくれる。
  • 受講者アンケートでは「サポート体制がしっかりしていて魅力的」「転職を保証していただいていることで安心」という声が多く上がっており、満足度も90%を超えている。

 

無料で初回カウンセリングに参加できます。

 

自分の志望職種に関係する仕事を業務委託で請け負う

現在退職済であり、経済的に逼迫しているのであれば「クラウドワークス」等のクラウドソーシングサイトで志望職種でアピールとなるような仕事を請け負うこともおすすめです。

ある程度の収入を確保しながら、個人としての実績を積み上げていくことができます。

 

転職エージェントに今後の進め方を相談する

家族や友人を頼れない方は、その道のプロに相談してみることもおすすめします。
特に昨今は新型コロナウイルス感染拡大の影響が求人にも出ているので、転職市場を踏まえた現実的なアドバイスを貰いたい方は特に相談してみましょう。
尚、具体的な転職エージェント選びは以下の記事を参考にしてみてください。

 

www.miyqun.site

 

新しい転職サイトに登録してみる

これまでの転職サイトで希望する転職先を見つけられないのであれば、新しい転職サイトを登録してみることで、求人とのタッチポイントを増やすことができます。
転職サイトごとの比較は以下の記事をご覧ください。

 

www.miyqun.site

 

辛いと感じるケース別にリフレッシュ方法を考える

つらさを感じるケース別にリフレッシュ方法を考える

それでは、これらのリフレッシュ方法をどのように有効活用していけば良いのかについてケース別に述べていきます。

 

ケースその①

「毎日のようにお祈りメールが届き、自信を喪失してしまったので、一旦転職活動からは距離を置きたい。」

このような方の場合は、自身の落ち度に目を向けるのではなく、「守りの対策」をとるべきでしょう。つまり、転職活動以外に一日何かをやりきるという目標を持ち、気分転換に軽いウォーキングをすることをおすすめします。

 

ケースその②

「気分転換に違うことに取り組もうと思っても転職活動のことが頭をよぎってしまう。現実から逃げずに何かしらの対策をとって安心材料にしたい。」

このような方の場合は、転職活動から身を引いても、転職活動のことが頭をよぎってしまうので、「攻めの対策」をとるべきでしょう。自分の裁量では変えられない現実に固執し嘆くのではなく、今できることを着実に行い、転職成功の可能性を上げていくことに意識を向けた方が生産的ですし、精神衛生上にも良いです。

 

ケースその③

「退職後に転職活動を進めているので、毎月の収入もなく、家族や友人にも合わせる顔がない。そのため、気軽に相談できる相手がいない。」

このような方の場合は、間違った方向に進まないためにもまずは転職エージェントに相談することをおすすめします。経済的にも逼迫しているのであれば、自身の志望職種に関連した仕事を業務委託で請け負うことをおすすめします。また、希望している企業に契約社員としての形態で入社して、正社員登用を目指すのもありでしょう。

 

尚、本ブログでは「パソナキャリア」を特におすすめしております。

おすすめポイントは以下の通りです。

 

✓はじめての転職に強い

はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、 丁寧にサポートしてくれます。

また、年齢や職歴に関わらず、担当アドバイザーが親身に相談に乗ってくれます。
ゆえに登録を断られるということも少ないです。

カウンセリング面談を受けると、転職活動のノウハウがつまった「ガイドブック」を無料で受け取ることができます。

✓女性の転職に強い

創業40周年を迎えるパソナグループでは、創業時から女性の就労支援に力を入れています。

長期的に活躍していきたい方、専門スキルを伸ばしたい方、管理職に挑戦したい方など、 目指したい働き方を実現できるキャリアパスを一緒に探してくれます。

女性の転職支援実績も多数あるので、 実際に転職した方からの情報も含め、求人票だけではわからない有益な情報を提供しています。

 

無料で登録できます。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。
人によって性格や置かれている状況が異なる以上、自分に合ったリラックス方法を確立しておくことはモチベーションを保ちながら転職活動をしていく上では必須です。
ぜひ参考にしていただき、納得のいく転職を実現してください。

 

ネット上で情報が氾濫している現代は、事実に基づいた情報にリーチするのは難しい状況となっています。
そのような中、本ブログでは一人一人の読者にとって価値のある情報を提供しようという思いの元更新しておりますので、読者登録&スターを頂けると励みになります。

 

私が転職活動で利用した転職サイト・転職エージェント