みーくんの思考世界

自閉症スペクトラム障害、うつ病で休職中の男が綴る雑記ブログです。YouTube配信もやっています。→https://www.youtube.com/user/xnfangbmg

【スポンサーリンク】

悔やみきれない過去は、人生における教材として厳然と屹立する

【スポンサーリンク】

f:id:MiyquN:20190905202807j:plain

 

どうも、みーくんです。

ここ最近のブログは試し出社の内容が多いですが、私にとっては“出社する”というだけでも労力がかかり、それだけでも十分にネタとして成立するので、ご寛恕いただければ幸いです。

本日も帰宅後に更新していますが、不思議とブログというツールで心の内を吐露するだけでも気持ちを整理できます。フラリッシュ感覚というやつですね。今回も、試し出社の現状について述べていきたいと思います。

 

教育にかかる工数と労力を想像することができていなかった

以前のブログでは、手持ち無沙汰な時間が増え、漠然と時間が過ぎるのを待っている現状に嫌気が差し、転職も視野に入れているというお話をしましたが、その気持ちも次第に薄らいできました。きっかけは業務メールで過去担当していた案件を振り返っていたときに目に入ってきた数通のメールです。

いわゆる“新人”の扱いを受ける1年目〜2年目の時期は多くの方から指導を受けていました。直属の上長だけではなく、年次が近い先輩も然りです。しかし私は上長や先輩からの善意の指摘や指導に対し、曲解して自身を正当化していました。この頃はアドバイスを受ける有り難みを実感しておらず、余計なお節介とまで感じていたのです。私がこのような態度なので、当然教育する気も失せてくるというものです。配属された当時の直属の上長から“こいつは人間じゃない”と言われたことがありますが、的を得た発言だと改めて思います。私は現在、失墜した信用を取り戻そうと努めていますが、ソーシャルサポートを軒並み失った原因はここにあると考えています。

 

・自分の考え方、感じ方、進め方、生き方こそが効率的で正しいとする固執傾向

・それによる、自分の正義こそが世の中の「正論」であるという思い込み

 

もう少し早く気づくべきでした。何故人は失ってからでないと気づけないのかという疑問に立ち返らせられます。いや、主語が大きいかもしれませんね。私だからこそ気づけなかったのです。

会社に落ち度があったわけではなかったのです。私が“ブラック人材”だったからに他なりません。今後は少しずつ期待に応えられるよう真摯に与えられた業務に取り組んでいきたいと思います。

 

産業医との途中面談を経て

試し出社の期間中には産業医との途中面談が予定されていました。私は大枠で以下の内容を相談しました。

 

①与えられた業務が一つだけで、手持ち無沙汰な時間が増え、次第に孤立感を覚えている

②今後のキャリアを見据えると転職も視野に入れている

 

①についてはリワークで対策を立案したものの、再休職予防レポートの読み込みが不足していたのか行動変容に落とし込めていませんでした。産業医からは『業務進捗報告書』の作成を推奨されました。これは作業報告を日次で行うものですが、日々の報告&レビューを経ることができるので、仕事の基本であるPDCAを回すことができます。また、上長との接点が増えます。それでも時間的に余裕がある場合は、自分から「もう少し負荷をかけたいので、何か追加できるものはないか」と依頼することを推奨されました。上長からの業務命令はあくまで厳禁なので、自ら主体的に動く必要があります。
②については、現職である「営業」のどこが合わないのか具体的に分解してみると良いと言われました。一口に営業といっても「社内調整」「顧客とのコミュニケーション」等多岐に渡ります。私は軽度の自閉症スペクトラム障害を患っており、社会的なコミュニケーションを苦手と感じているので、確かに向いてはいません。しかし、営業職に多少なりとも面白みを感じているのも事実です。

更に、この課にいて自分は今後どのようなキャリアを積めるかどうか聞いてみて、それへの回答が納得いかないのであれば見切りをつけると良いとアドバイスを受けました。途中面談後、上長に聞いてみたところ、正式復職後は既存顧客の業務を担当してもらうとのことでした。最終的には一人で案件対応でき、受注まで漕ぎ着けられることを求められていました。その前提条件として基本的なマナーや商材知識の勉強を改めて深める必要があり、その一環でVDIの体系的な調査を私に依頼したようです。

しっかりと今後を見据えて私に課題を与えてくださった上長に対して、何かと注文をつけてしまった自分が悔やまれます。現状、“作業量”よりも“成果物の品質”が求められているのです。ただでさえ現在与えられている資料作成が期待に添える完成度ではなかったのに、「次の仕事をください」は傲慢です。

 

・仕事内容の貴賎よりも、「与えられた仕事をどれだけ効率的且つ完璧にこなすか」で仕事力が図られると考え、仕事があるだけ幸せであると考える
・私に任された仕事はいずれ誰かがやらなければならないと考え、比較的時間に余裕がある自分が遂行することで、微力ながら課に貢献する

 

リワークで対策してきた内容ですが、活かしきれていない事実に落胆しました。休職前は自分が作成した成果物が上長の求めているレベルに達していなかったことが幾度となく発生し、ギャップがあると必然的に指摘が入るので、その度ストレスを抱え込んでしまっていました。そのため、今後は方向性や認識が合っているかを細かく確認する場を設けたいと考えています。

 

・アウトプットイメージを簡単にビジュアル化するためにノートに書き出し、事前に共有する

 

これでは不十分で、「簡単に」ではなく「細部に渡って」方向性を確認する必要があるということを学びました。

日々が勉強です。ゆっくりと着実に成長していきたいと思います。