みーくんの思考世界

自閉症スペクトラム障害、うつ病で休職中の男が綴る雑記ブログです。YouTube配信もやっています。→https://www.youtube.com/user/xnfangbmg

【スポンサーリンク】

消えない歪

【スポンサーリンク】

f:id:MiyquN:20190606204101j:plain

 

ここ最近心の余裕がすり減っていく感覚を覚えている。休職中の身ではあるが、毎月貯金に回せるくらいの経済的余裕はある。世間では「経済的余裕=心の余裕」が通説であるが、僕には当てはまらない。
周りの人間の挙動一つ一つに敏感に反応し苛つきが蓄積されていく。自分が心を許した人間以外はすべて邪魔者に見えてきて「全員不幸になれば良いのに」という憎悪の感情に至ってしまう。
何が原因なのか。今まで社会復帰を目標に世の中が求める「普通」に適合できるよう自分をアップデートしてきたつもりだったが、自分を騙していくのも限界が来たということなのか…。隠しきれない自我はやがて溢れてくるのだ。やはり僕は根本から普通の人間に生まれ変わることはできないという現実をまざまざと見せつけられた。
最近、連日のように発生している高齢者による交通事故。人を殺めているのに「健常者」の面をしている奴らこそ狂気を感じる。
味気ない日常の繰り返しは、人間の尊厳を奪っていくのかもしれない。不条理に満ちた社会に飼いならされた人間は都合良く仕立て上げた操り人形のように洗脳されている。そして、稼いだ金の一部が年金に溶けていき、高齢者の懐に入り、高齢者は平然と若年層を轢き殺す。そんな社会で笑ってられる人間が果たしているのだろうか。その笑顔は何ゆえの笑顔なのか…。
現代社会の実情はどうか。情報弱者から「労働力搾取」「金銭的搾取」という2通りの方法で吸い取っていく、嘘と嘘の殴り合いだ。結局のところ、この世は弱肉強食であり、「強ければ生き、弱ければ死ぬ」が自然摂理なのだと思い知った。
誰かがもがき苦しんでいる一方で、誰かが贅を貪る。皺寄せのなすり付け合いは現代社会システムの根幹であり、この歪んだ現状を我々は諦観の眼差しで無視し続けていくのだろう。

などと思考を巡らせており

こうしてブログというツールで自分に溜まった毒を吐き出すことで、心の平静を保っております。交通事故の件は、高齢者に対する憎悪もありますが、メディアに対する不信感もあるのですけどね。交通事故の件数自体は減ってきているので、ここまで高齢者ばかりが取り沙汰されると、もはやメディアによる作為的なものを感じるのです。

とはいえ、歪んでいるのは社会だけではなく、私の思考世界も歪んだ認知によって支配されています。したがって、認知行動療法等で適宜対策をとってあげないと暴走してしまいそうになるのです。培われてきた人格を変えることはできませんので、多くの考え方の選択肢をもって、自分の感情をコントロールできるようにしたいものですね。

たまにくる愚痴コーナー。今後も不意打ちで更新していきたいと思います。