みーくんの思考世界

自閉症スペクトラム障害、うつ病により休職中の社会不適合者が綴る雑記ブログです。現在は、転職も視野に入れています。

【スポンサーリンク】

【OBS Studio】配信が途中で切断されてしまう際の対処方法

【スポンサーリンク】

f:id:MiyquN:20181012225912j:plain

私はブログを更新している傍ら、YouTubeにて配信活動もしてます。その際使用している録画&配信ソフトウェアがこの「OBS Studio」です。YouTube以外にも「Twitch」や「ニコニコ生放送」にも対応しており、フリー・オープンソースソフトウェアの割には高画質・高音質でストリーミングすることが可能となります。

今回は、OBS Studioを使用して「Dead by Daylight」を配信していた際、20~30分後に途中で切断されてしまう現象に出くわしたため、その対処方法を記載できればと思います。

 

配信時の設定

エラーが発生した際、私は以下項目を設定していました。

 

「出力」→「配信」タブ

出力モード:詳細

音声トラック:4

エンコーダ:NVENC H.264

レート制御:CBR

ビットレート:3500Kbps

キーフレーム間隔:2

プリセット:既定

Profile:high

レベル:auto

2パスエンコードを使用

GPU:0

B-フレーム:2

 

対処方法

そこで、出力モードの「詳細」を「基本」に変更すると解決しました。

基本に変更後の設定は以下の通りです。

 

「配信」欄

映像ビットレート:25000Kbps

エンコーダ:ハードウェア(NVENC)

音声ビットレート:160

 

配信サイトにはそれぞれ推奨設定があり、それを超えると強制的に切断されます。YouTube生配信時の推奨映像ビットレートは以下の通りです。

 

解像度1080p、60fps→映像ビットレート4500~9000Kbps

解像度1080p、30fps→映像ビットレート3000~6000Kbps

解像度720p、60fps→映像ビットレート2250~6000Kbps

解像度720p、30fps→映像ビットレート1500~4000Kbps

解像度480p、30fps→映像ビットレート500~2000Kbps

 

しかし、私の設定を見ると「基本」のビットレートの方が値が高く、YouTubeの推奨設定を大きく超えているはずです。

何故、出力モードを基本にすることで切断されなくなったのかについては、今後突き詰めていきたいと考えています。

ひとまず、報告まで。

 

追記:

配信が切断される前に以下エラーメッセージが出現していたことに気がつきました。

"動画の出力が低すぎます。YouTubeで受信している動画が少ないため滑らかなストリーミングを維持できません。視聴者側でバッファが発生します。"

この事象は配信者のインターネット回線の速度が十分でないために表示されるものです。

私は現在ルーター経由で無線LANにつなげていましたが、iPhoneのテザリングに変更しました。すると、切断されてしまうことは無くなりました。

通信速度が不安定なテザリングに負けてしまう我が家の固定回線もどうかと思いますが、これにて一件落着です。